レバリズム

アセトアルデヒドとは?

アセトアルデヒドというのは二日酔いの原因になる成分です。
このアセトアルデヒドはアルコールを摂取したあとに体内に入り、アルコールが肝臓で分解されるときに水とアセトアルデヒドに分かれて発生するものなんです。
アセトアルデヒドは毒性が強いのでたくさん飲酒をしてしまうと翌朝まで残ってしまうのです。

 

また、アセトアルデヒドは酵素によって分解されるのですが、この酵素のチカラが弱いといつまでたっても酔っているような状態が続きます
お酒が弱くてすぐ赤くなる人がいますが、これはアセトアルデヒドが末梢血管を広げてしまうために、皮膚の血液量が増量し、その結果顔が赤くなるのです。

 

また、アセトアルデヒドというのは飲酒以外でも出現して、私たちに害を及ぼします。
ちょっと前にシックハウス症候群というのが言われていましたが、その原因はアセトアルデヒドです。
また、身体に悪くて有名なたばこの煙にもアセトアルデヒドは含まれているのです。

 

アセトアルデヒドがもたらす肝臓へのリスク

過度のアルコール摂取かからだに悪い影響を与えるということは誰もが知っている常識でしょう。
特に肝機能とアルコールには密接な関係があり、アルコールを好む人が肝臓を壊しやすいということも広く知られています。

 

では、具体的にどのような関係性があるのでしょうか?

 

私たちがアルコールを摂取すると、胃で20%、腸で80%が体内に吸収されます。これらのアルコールは血液にのって肝臓へと送られます。
肝臓に届いたアルコールは、アルコール脱水素酸素のはたらきによってアセトアルデヒドへと分解されます。
そしてさらにアセトアルデヒド脱水素酵素のはたらきによって酢酸に分解、最終的には水と二酸化炭素へと分解されて体外へ排出されます。

 

これらの過程で生まれるアセトアルデヒドは肝細胞に障害を与えて、アルコールの代謝を下げてしまいます
代謝が下がれば、アルコールを分解しづらいタイになり、肝臓はリスクを負ったままとなるのです。
これによってアルコール性肝硬変など深刻な症状を招くこともあり、過剰な飲酒は控えるべきだといわれるのです。