レバリズム

合成タウリンと天然タウリンの違い

タウリンは天然のものと合成して作られたものと2種類あります。

 

カキなどの貝類や魚やたこやイカなどに多く含まれています。
魚介類などに多く含まれているタウリンを天然タウリンといいます。
また牛の胆汁から抽出したものも天然タウリンに含まれます。

 

このような天然のタウリンを抽出したものがサプリメントなどの食品に含まれているものを天然由来のタウリンサプリと呼びます。
レバリズムは天然の牡蛎・しじみから抽出したエキスから作られているので天然タウリンに属します。

 

一方、合成のタウリンは、「亜硫酸」と「エチレンイミン」を合成したもの、「亜硫酸ナトリウム」と「臭化エチレン」を合成したもの、「亜硫酸水素ナトリウム」と「ニトロエチレン」を合成したものなどをいいます。

 

合成と聞くと一見不安ですが、厚生労働省で認められているので安全です。
よく、栄養ドリンクには「タウリン○ミリグラム配合」なんて書かれたりしますが、このようなドリンクにはだいたい合成のタウリンが配合されています。
タウリンドリンクで一番メジャーなリポビタンDは合成タウリンを使用していますが、医薬品扱いですので安心しです。

 

タウリンの腎臓機能を高める効果

二日酔いや疲れの効果をしめすということで広く知られるようになったタウリンですが、腎機能を高める効果もあるそうです。
タウリンは、イヤやタコ、牡蠣などの魚介類に多く吹く置かれている成分で、食べ物から摂取しなければ、人間のからだの中でつくることができません。

 

腎臓は、私たちが摂取した不要な水分や塩分を尿としてからだの外に排出するはたらきを持っています。
この時に、血液の量を減らして血圧の上昇を防ぐというはたらきを同時に行っています。
その一方で交感神経はこれらのはたらきを抑えて血圧を上昇させるように作用しています。
この相反する作用によって、腎臓ははたらきを阻止されて十分に機能を果たすことができなくなってしまいます。

 

ここで登場するのがタウリンです。
ウリンには交感神経を抑制する作用があるので、腎臓の作用を妨げて血圧を上昇させることなく、腎臓の作用を優勢にすることができるのです。
また、タウリンの効果は塩分を過剰摂取したときに起こる血圧の上昇にも有効だといいます。