レバリズム

生活習慣病の改善効果もあるレバリズム

脂肪肝は生活習慣病のひとつとして、知られるようになった症状です。
年々脂肪肝だとされる人が増え続けているにも関わらず、本人には自覚症状がないというやっかいな症状でもあります。

 

脂肪肝は、食事や生活習慣などによって、肝臓に送られる脂肪酸が増加して、やがて中性脂肪として貯蔵されることによって発症します。
これには、食生活を改善することが一番だと考えられますが、仕事や環境を考えると難しいという人も多いでしょう。

 

これを改善するのがレバリズムに含まれているタウリンです。
タウリンには、脂肪肝になる原因である中性脂肪を体外に排出する作用があるのです。
これによって、肝臓に中性脂肪を溜めることがないため、脂肪肝を改善することができるのです。
また、タウリンには、からだや細胞を正常へと導く作用があるため、血圧が高い場合には正常値へ下げていく作用があります。

 

その他にも、強力な抗酸化作用を持っているビタミンEも含まれており、老化を防いで生活習慣病の発生リスクを下げる栄養素もレバリズムには配合されているのです。

 

血糖値が高い人はタウリンドリンクを飲むのはやめた方が良い理由

栄養ドリンクはからだに良いものだというイメージがありますが、飲まない方が良い場合もあります。
それは血糖値が高い人たちです。タウリンは牡蠣やしじみなどに多く含まれる成分で、一般的には血糖値を下げる効果があるとされています。

 

これはタウリンに血糖値を下げるためのホルモンであるインスリンを自律神経へはたらきかける作用があるからです。
これを考えると、血糖値が高い人はタウリンを積極的に摂るべきだと考えられるかもしれません。

 

しかし、血糖値が高い人の中には糖尿病治療薬として血糖下降剤を服用している人もいます。
これらの人たちは、薬との飲み合わせによって血糖のコントロールがうまくできなくなってしまう可能性があるため、タウリンドリンクを飲むことをやめた方がよいといえるでしょう。

 

また、これらのドリンク剤には、糖分を多く用いている場合もあります。
そのため、頻繁に服用していると過度の糖を摂取することになるため、血糖値を上昇させてしまうことがあるので注意するようにしましょう。

 

メタボリックシンドロームにタウリンが効果的

メタボリックシンドロームだと判断されるのは、へそ周りが基準値を超えている他に、脂質異常、高血糖、高血圧のうち、どれか2つ以上が該当されている状態である場合です。
これらのメタボリックシンドロームの原因には内臓脂肪や皮下脂肪が原因となっていることが多くあります。

 

内臓脂肪を燃焼させるためには、タウリンが効果的であるといわれています。
例えば、タウリンには、胆汁酸をつくるサポートをする際に、コレステロールを使用して合成されます。
タウリンを積極的に摂取して、このはたらきを活性化することで、コレステロールを効果的に消費することができると言えるでしょう。
これによって、脂質異常を予防したり、血管の内側にこびりついた不要なコレステロールを減少させて動脈硬化を予防して血圧の上昇を防ぐことも可能です。

 

また、タウリンには、インスリンの分泌を促進して血糖値を下げるはたらきもあります。
つまり、タウリンにはメタボリックシンドロームの要因を改善して様々な病気を予防する効果があるといえるのではないでしょうか?