レバリズム

脂肪肝を予防する方法

脂肪肝を患っている場合、ほとんどが無症状であるため、本人の知らない間に症状が進行してしまっていることがあります。
そのような事態にならないためにも、日頃から肝脂肪を予防することが大切です。

 

脂肪肝を招く原因といえば、肥満メタボリックシンドローム過剰なアルコール摂取糖尿病などがありますが、最近では食事や運動、睡眠、ストレスなどの生活習慣が原因があることもあります。

 

また、健康のためにはじめたダイエットやハードな運動は、体内のエネルギー源の不足を招き、肝臓に大きな負担をかけてしまうことがあるのです。
つまり、規則正しい生活とバランスの取れた食事、適度な運動と気分転換を図るといった基本的な健康管理をすることが一番の予防であるといえるでしょう。

 

さらに、定期的な血液検査を受けて自分の状態を知ることや肝機能をサポートするようなサプリメントを摂ることも脂肪肝予防のためのセルフケアとして取り入れてみてはどうでしょうか?

 

 

脂肪肝のリスク

肝臓に脂肪が溜まって、さまざまな病気を引き起こす原因となる脂肪肝。
日本人の4人に1人が脂肪肝ともいわれており、非常にポピュラーな症状だといえます。
その一方で本人の自覚はほとんどなく、気づいたときには深刻な状態だったということも少なくありません。

 

脂肪肝になる原因は、主に食生活にあります。
過剰に糖質や脂質を摂りすぎたり、そのカロリーを消費するだけの運動を行わなければ中性脂肪として肝臓に蓄積されます。
また、アルコール分解の際に合成される中性脂肪も脂肪肝の原因となることは広く知られています。

 

脂肪肝自体が命にかかわるリスクを生むわけではありませんが、高脂血症や動脈硬化による心筋梗塞、脳卒中の合併症によって深刻な状態となることが多くあります
また、糖尿病との合併症を引き起こした場合には、失明や手足の感覚異常、壊死、腎障害、脳障害を引き起こす可能性もあります。
さらには脂肪感が肝硬変や肝臓がんへと進行していくこともあります。

 

そのため、病気を未然に防ぐために脂肪肝を改善することが望ましいのです。