レバリズム

健康診断で知った肝臓の状態

献血を頻繁にする人は自分の血液の数値をちょくちょく目にする機会があるでしょうが、一般的に持病がない限りは、年に1度の健康診断くらいしか血液検査はしないのではないでしょうか?

 

肝臓は悪くなっても相当悪くならないと症状が出ませんので、会社での健康診断の結果は自分の体を守る上で非常に重要です。
そんな健康診断、若い頃は数値が平均であるのが普通で、少し平均を上回るくらいで病院に行くなんてことはなかったでしょうが、年齢が上がるごとに郵送されてくる結果にドキドキする人も増えているのでは?

 

ちなみ私は、大腸検診の結果がE(レベル5)すぐ病院で精密検査を!という内容が書いてあり、震えが来て再検査の結果が出るまで震える日々を過ごしたのが去年の話です。
思いもよらぬ結果に数日間かなり病みました。

 

健康診断の結果が出るとまず
肝臓の値を見るという人とコレステロールの値を見るという人が多いようですが、肝臓の数値がレベル1〜3の時にすぐに生活習慣を整えれば1年で数値は簡単に回復できます。

 

ちなみに私の知り合いの健康診断の今年の結果は、肝臓の値は要精密検査(レベル5 - MAX)の上、コレステロール値も悪かったので相当あせっていました。
元々肝臓については昨年も指摘されていたのに、特に生活習慣をかえなかったのがたたったのが、肝血管腫の可能性という診断がついていました。
ここまでいくと即病院でしょうね。
原因は身に覚えがあるでしょうよ、ジャンクフード好きで肥満気味のドーナツ、ハンバーガー&ポテト&ジュースを食べ、週一で揚げ大盛揚げ物定食を食べていました。

 

さすがに、最近は食欲が落ち、お酒がまずいと飲酒を控えるのではなく、飲めなくなった状態に危機感を抱いた嫁がレバリズムを購入
強制的に毎朝飲まされていると言ってます。

 

このように、肝臓の悪化は、健診で見つかる人も多いのですが、見つかったものを放置していては悪くなる一方です。
個人的な見解として、彼は嫁に飲まされているというレバリズムのおかげで命拾いするのではないかと・・
もちろん、友人として、彼の肝臓が回復してお酒を飲み始めた時は注意するつもりです。
レバリズムを飲ませている奥さんの苦労が水の泡になりかねませんからね

 

肝臓の数値の悪化は肝炎→肝硬変→肝臓がんと命を脅かす結果につながりますので、健康診断で1年に1回は自分の血液をすることは非常に重要ですね。

 

◇詳しくはこちら↓

 

日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)